ヘッダー

子どもの記事


 

早起きして、

托鉢のお坊さんたちに

必死でお布施のお菓子を

渡す子供たち。  

 

ラオスの田舎の小学校を

訪問して、長男君は

必死の英語で、

くじ引きの説明を(^^♪  

 

 

みんなでくじ引きや

文房具のプレゼント大会を

楽しんだ後は、

青空空手教室を(*^^)v

 

やり終えた後、

カフェで美味しい

クロワッサン食べながらの、

息子たちの嬉しそうな顔よ。

 

 

 

世界では、

まだまだ12人に1人の

子供たちが小学校にさえ、

行けてないんだって。  

 

ラオスの子供たちも

学校に行けない子も多いし、

少数民族の子供たちは

ラオス語もしゃべれず、

小学校から始まる

ラオス語の授業に

付いていけず、

1年生を何回も

繰り返した挙句、

来なくなる子も

多いと聞きました。    

 

 

訪問した小学校の

先生たちからも

「貧しい家庭の子供たちは、

日々の生活も苦しいから、

学校へも嫌々通ってる子も

多くいて、

今日みたいに学校で

楽しいこと

(僕たちのイベントを

そう言ってくれました☆)

をやってくれると、

それをきっかけで学校や勉強に

興味を持ってくれるから、

助かります。

今日は本当にありがとう!!」

と嬉しい言葉をいただきました。  

 

(それは、私たちが、

プレゼントだけじゃなく、

イベントや交流に

こだわる理由になりました) 

 

#ラオス#空手教室#クロワッサン#世界#小学校#インパルス療法#世界整復#インパルスセラピー#寺田整骨院#アジアの子供たちに小学校を作る会

寺田整骨院


奈良県桜井市外山
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ